« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月27日 (木)

インフルエンザに負けるな p(^-^)q

  インフルエンザといえば、真冬に流行るものとばかり思っていましたが、大阪府内ではなんと例年よりも2ヶ月も早く学級閉鎖が相次いだそうです。
 インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる急性感染症で、その感染経路は主に、くしゃみ、咳、痰などからの飛沫感染です。1~3日間ほど(稀に1週間くらいのこともあるそうです)の潜伏期間を経て、突然38~40℃の高熱が出て発病し、頭痛や筋肉・関節痛、倦怠感、咳、鼻水、喉の痛みなど、いわゆる風邪のような症状がみられますが、通常の風邪に比べ症状は重く、また感染力も非常に強いため、12月から3月頃にかけて、毎年大流行します。
 近年インフルエンザによる死亡率は減少していますが、呼吸器系、心臓に持病のある方や高齢者は、合併症として肺炎やライ症候群(急性脳症に肝臓などへの脂肪の沈着を伴う死亡率の高い病気)などを引き起こしやすいので特に注意が必要です。
Photo  また、抵抗力の弱い乳幼児は脳炎や脳症を併発しやすく、かかると水分をとった直後吐いてしまったり、元気がなく意識がはっきりしなくなったり、痙攣を起こすなどの症状がみられ、これらの合併症がインフルエンザによる死亡の大きな原因になっています。このような症状がみられた時は、一分一秒を争う状況です。誤った自己判断は大変危険です。直ちに医療機関で診てもらうようにしましょう。

 さて、そのインフルエンザにかからないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか・・・?
 感染を防ぐには、何より感染しないよう、自ら予防を心がけることが一番重要です。
Photo_5  その一般的な予防方法として一番効果的なのは、やはりインフルエンザワクチンの接種です。その効果は100%ではありませんが、健康な成人では1回の接種で70~90%ほどで、もし感染してもそのほとんどの場合で症状が軽く済むようです。

Photo_6  また予防としてだけでなく、広げない、うつさないマナーとして、マスクの着用が有効です。病院などへ行くとマスクをされている方を数多く見かけます。しかし残念ながらその中には花粉用のマスクをされている方も多く、せっかく着用しても花粉対策用のマスクではウイルスは防ぎきれません。しっかり風邪・ウイルス対策用のマスクを着用するようにしましょう。
 そしてなるべく人ごみは避け、
Photo_2 Photo_4
  こまめなうがい       手洗い      をしましょう。
これで喉の乾燥を防ぎ、接触による感染も防ぎます。

 さらにとても有効なのが適度な温度・湿度を保つことです。
 ウイルスは高温多湿を嫌いますから、温度は20℃以上、湿度は50%以上が望ましいそうです。
 過去の実験によると、実験装置の中に浮遊させたインフルエンザウイルスの6時間後の生存率を見てみると、温度21~24℃・湿度50%の中では3~5%であったのに対し、同じ温度で湿度20%では60%、温度7~8℃・湿度22~25%では63%まで増加しました。そして温度32℃・湿度50%では、なんど0(ゼロ)でした。
 外気温との差があり過ぎるのもまたよくありませんから、やはり適温適湿を心がけるのがよさそうです。
 はっきりとした原因はわかっていませんが、2ヶ月も早く大阪でインフルエンザが流行したのは、今季一度も台風が本土に上陸せず、空気が乾燥していることも原因の一つなのかもしれませんね。

Photo Photo_3  そして最後に、最も基本的なことですが、とても大切なこと。それは充分な栄養と休養をとることです。食事は無理せず腹八分目で偏りなく豊富な栄養を摂り、また早寝早起きの規則正しい生活をし充分な睡眠をとることで体力をつけ、体そのものの抵抗力を高めることが、最大の防御となるのです。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

第34回 静岡県工芸美術展 受賞 ☆ヽ(▽⌒*)

 陶芸教室郷倉窯より「第34回静岡県工芸美術展」に出展し、みごと3名が受賞しました。

Photo
会員賞
「灰釉瓶子形花生」
郷倉窯講師 前田直紀先生


Photo_2
会員賞
「壷(野葡萄)」
中里 満


Photo_4
静岡県教育委員会 教育長賞
「化粧炭化花器」
生徒 佐藤 順子



 美術展は、静岡県工芸家協会主催、静岡県文化協会共催、静岡県教育委員会、毎日新聞静岡支局等その他多数後援のもと開催され、作品は10月29日から11月9日にかけて、静岡県立美術館県民ギャラリーに展示されました。
 陶芸部門、染織部門、木・漆・竹部門、金・七宝・革・キルト・ステンドグラス・他部門とあり、たくさんの作品が出品された中での受賞。それも3名も受賞できるなんて、とてもうれしいことですね。これからの作品作りに、またまた意欲が湧くのではないでしょうか?

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

刻印入りオリジナルワイン

 先日、社員の結婚式がありました。
 その時お祝いにと、新郎のご友人がワインをプレゼントしてくださりました。
 そのワインボトルがとても素敵だったので、ちょっと紹介させてください。

Photo_2 2_2
 「HappyWedding」と絵のところは彫ってあり、下の名前と日付のところは文字が浮かび上がるように、逆に周りが彫りこまれています。そのご友人は看板を作られたりしながら、このようなものも作られているそうです。
 せっかくのオリジナルボトルですから、ワインを飲まれたあとはポプリを入れたり、花挿しにするなどして使えますし、またワインが飲めない方でも、これならちょっとしたインテリアにもなりますから、いい記念になりますよね。
 また、この刻印はワインボトルに留まらず、お酒の一升瓶や木などにもできるそうなので、新築のお祝いや表札などにされるのも素敵ですね。
 これからご結婚される方、銀婚式、金婚式を迎えられるご両親に、心に残るオリジナルワインはいかがでしょうか?

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

勤労感謝の日

 勤労感謝の日は、日本の国民の祝日の一つで、「勤労を尊び、豊かな生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」という趣旨のもとに制定されました。
 昭和23年に、戦前の新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)の日付11月23日をそのままに、「勤労感謝の日」と改められたものです。
 ※新嘗祭とは、11月23日に新穀を供えて神を祭り、その年の収穫を感謝する稲作儀礼です。

 「勤労を尊び・・・・・互いに感謝しあう」というわりに、この勤労感謝の日自体が新嘗祭から出来たものであり、またその意味合いが今も強いのが実際のようです。
 確かに、父の日や母の日は祝日でもないのに盛り上がるわりに、国民の祝日にまでなっている勤労感謝の日にはそれほど話題がない・・・という気がします。
Photo  お父さんやお母さん、ご主人や奥様に、ご家族だけでなく、いつもみんなのために働いてくれている方々に感謝し、お互いに褒めあい、これからもがんばろうと言い合うのもいいと思います。 Photo_2 子供さんも忘れてはいけません。子供は毎日元気に楽しく遊ぶのが仕事です。お手伝いだって時々してくれることもあるかもしれません。周りのみんなの勤労に気づける日であってほしいですね。もちろん、あなたがいつも感謝できている方なら、それが一番素敵ですが・・・(*^-^*)

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

*岡本みつお氏の作品*

 今日ここ藤枝市の下伝馬商店街では、恵比寿講のお祭りが行われています。
 たまごの器もそこに出店すべく、岡本氏にご協力をお願いし、かわいらしい作品たちが到着しました。
Photo_20
 おどろくほどかわいいでしょ(≧▽≦)

Photo_13 51.まちあわせ

12_3 52.12月

Photo_14 53.なに食べるん?
 sold out



Photo_15 54.世界牛・夜明け

Photo_16 55.花ドロボウ

Photo_17 56.ヴァイオリン属

Photo_18 57.ウシ




 来年の干支は丑(牛)です。素敵に玄関を飾る置物をお一ついかがでしょうか?

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

*鈴木正彦氏の作品*

67 67.信楽湯のみ 再入荷
 径6.5cm 高8.5cm


 鈴木正彦氏の信楽湯のみ再入荷です。
 めおとになっていて火の模様がシンプルかつオシャレで、とても素敵なお品です。
 ご結婚のお祝いなど、おめでたいもの向きですよ(*^-^*)

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »