« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

郷倉窯 生徒作陶展 本日最終日

 昨日今日と2日間の日程で開催している郷倉窯・生徒作陶展。初日の昨日は、日曜日ということと、暖かく穏やかな日和のおかげで、有難いことにとてもたくさんの来客に恵まれました。

Imgp0344
写真は昨日の夕方の様子です。

 それでは、作品の方を紹介させてください。

Imgp0334 Imgp0335 Imgp0336



Imgp0325_2 Imgp0327 Imgp0326



Imgp0328_2 Imgp0345 Imgp0346 Imgp0347



Imgp0331_2 Imgp0333 Imgp0332



Imgp0339_2 Imgp0340 Imgp0338



Imgp0329_2 Imgp0337_2 Imgp0341_2




 作品は、郷倉窯の講師前田直紀先生と、伊東の陶人形作家岡本みつお氏、その他郷倉窯の生徒さんたちが、一つ一つ懸命に作り上げたものばかりです。
 本日の夕方4時まで、藤枝市生涯学習センターにて開催しておりますので、お時間のある方はぜひ見にいらしてください。お待ちしております。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

*岡本みつお氏の作品*

 岡本氏の作品が入荷しました。
 かわいらしいこむしゃと・・・もう一つは何でしょう・・・?

44_2
44.こむしゃ
 sold out




45
45.潜竜

潜竜の中をご覧ください・・・

452

 先日ご紹介しました武者は高さが25cmくらいある大きいものでしたが、今度の武者は「こむしゃ」で、高さが10cm程度のちょっと小ぶりな武者です。
 兜が一つ一つ違うのがおわかりですか?よく見ると子供らしいかわいい顔つきの武者や、ちょっと凛々しい武者など、その表情も様々で、見ているだけでも楽しい作品です。
 潜竜は、高さが34cmもある大きいものです。中に潜んでいる竜も、実に丁寧に仕上げられています。ぜひ実際に間近で見ていただきたい一品です。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

端午の節句

 の花も散り始め、徐々に葉桜になってきました。気温も上着がいらないくらい暖かくなってきましたが、天気の方はいまいちすっきりしない毎日が続いています...( ′-`)

 もうすぐゴールデンウィーク。おでかけのご計画は立てられましたか?お休みの人もそうでない人も、すっきりと爽やかな日になるといいですね(*^-^*)

 さて今日のタイトル「端午の節句」、別名を「菖蒲の節句」とも呼ばれ、五節句の一つになっており、この日には”柏餅”や”ちまき”を食べ、鯉のぼりや武者人形などを飾るのが一般的です。
Photo
 柏の葉は秋になっても落葉せず、次の新芽が出るまで枯れたまま越年することから、跡継ぎが絶えないことの象徴となり、子孫繁栄を願って柏餅が食べられるようになりました。
 また”ちまき”にも、古代中国から伝わった故事に由来し、「祈りが届く・確実に届く」という意味があり、どちらも縁起物とされてきました。
 端午の節句に代表される伝統的な飾り「鯉のぼり」は、荒波をたくましく乗り越える鯉の滝登りと、幾多の苦難を乗り越え出世することをかけて、男児の成長と出世を願い飾られるようになりました。「登竜門」という言葉をご存知だと思いますが、これも「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天を翔ける」という中国の故事から生まれた言葉なんです。鯉は古来から生命力の強さ、立身出世の象徴とされてきたんですね。
 それから鯉のぼりの一番上についている5色の「吹き流し」ですが、これにもそれぞれに、緑=木赤=火黄=土白=金黒=水という意味合いがあり、この世に存在する全てのものはこの5つから成り立っているという思想から、この「五行」が邪気を祓うといういわれがあるのです。
 また、端午の「午」は馬のことであり、鯉のぼりと同様、古来から躍動と力強さを表すとされ、一家繁栄の象徴とされてきました。

 こいのぼりの歌は、聞いただけでなんだかとても懐かしいような温かさを感じます。

   ♪ 屋根より高い こいのぼり
         大きい真鯉はお父さん
             小さい緋鯉は子供たち
                 おもしろそうに泳いでる ♪
>  ゜ ))))彡     >  ゜ ))))彡      >  ゜ )))彡  

 鯉のぼりの基本は3匹、上からお父さん、お母さん、そして子供と続いています。この「3」という数字は日本だけでなく世界中で昔からちょっと特別な数字として扱われてきました。大文明、ツ星レストラン、御家などなど、童話でも匹の子豚、年寝太郎など、3が使われている言葉は実はとても多いのです。

 少子化が叫ばれているこの時代に、2人目3人目が生まれてくれるのはとても有難いことですよね。でも1人目の時には兜や武者などの五月人形を買い、盛大にお祝いしても、2人、3人と男の子が生まれると、人形は上の子のがあるし・・・とお祝いもしなくなりがちです。しかし多少なりとも簡素化するのは仕方ないとしても、やはり2人目、3人目の時も1人目の時と同様に、本来はお祝いすべきもの。現代は住宅事情などもありますから、五月飾りをもう一揃えとまではできなくとも、せめて兜があるなら鎧にするとか、武者人形を一体増やすとか、鯉のぼりの鯉を一匹増やすなど、後に生まれた子のためのものも何か一つ増やしてあげるような工夫をして、2人目だからなどという区別なくお祝いはしてあげると良いですね。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

*岡本みつお氏の作品* ☆武者人形★

 岡本みつお氏の武者人形が届きました。五月人形にとてもいいと思います。お子様、お孫様の初節句にいかがでしょうか?

40 41.武者 腹が減っては戦ができぬ 大
 sold out
41 42.武者 腹が減っては戦ができぬ 小
 sold out
42 43.武者
 sold out


 すっくと立った武者の顔つきがとても素敵だと思いませんか?
 それぞれ鎧、兜、表情などに細かい仕事がされていて、存在感抜群です。
412
 細かい仕事といえば、42番の武者が
手に持っている食べかけのおにぎりに
注目!中身はほら、こーんな感じ…>        >梅干入りのおにぎ
                          りなんです。
                          わかりますか?
 それから口の周りにもたくさんのご飯粒。よほどお腹が空いていて慌てて食べたんでしょうね(^-^)

 ここで武者人形についての豆知識***
 武者人形といえば、鎧や兜を着ていますよね。
 この「鎧」や「兜」というと、「戦」をイメージされませんか?でも戦国時代よりずっとずっと昔の平安の頃、鎧兜は男性のおしゃれの象徴だったんです。いわば男性の晴れ着のようなものだったわけです。その後も武士が大願成就したときに神社に奉納するために作られたのです。
 それが現在では美術品となり、それと同時に男児の健やかな成長を願い、「厄除け」や「病魔祓い」のお守りとして端午の節句に飾られるようになった、というわけなんですね。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

*岡本みつお氏の作品*

 岡本氏の新作入荷です。

40_2 40.狐のお宿



 狐が化けているのかな?どんなに上手に化けても、耳とシッポが見えてるよ(^-^)ヽ
 狐のお宿は、一体どんなお宿なんでしょうか・・・?

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

郷倉窯 生徒作陶展 の予告

 今年も郷倉窯の前田直紀先生と生徒さんたちの作陶展を、下記の日程にて開催致します。
 昨年もほぼ同じ時期に行い、天候にも恵まれたせいか、それはそれはたくさんのお客様が足を運んでくださり、大賑わいとなりました。今年も昨年同様、いえ、昨年以上に多くの来客がありますよう、願うばかりです。

H20_2_2


藤枝市生涯学習センターの場所はこちらです。

Photo
2008年 平成20年 陶芸教室 生徒作品展 岡本みつお
 ゴールデンウィーク 陶芸
 一日体験 簡単

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »